大阪で肝斑に効果的なレーザートーニングが可能です

大阪の美容皮膚科で肝斑治療が可能なレーザートーニング治療が可能です。

大阪でも治療が可能なレーザートーニングは、従来のレーザー治療では難しかった肝斑の治療が可能です。肝斑はしみに似ていますが、しみではなく肝斑は頬骨に沿って左右対称にできたり、目尻や目の下あたりに左右対称にできるしみは肝斑である可能性が高いです。肝斑は30〜40歳代に発症することが多いしみで、高齢になって発症することは殆どありません。

原因は女性ホルモンのバランスの乱れといわれており内服薬で治療すると効果的で、しみはレーザー治療が可能ですが、肝斑は従来のレーザー治療では悪化させることがあるのため注意が必要です。

肝斑の治療には内服薬を用いながらレーザートーニングでの治療が効果的です。高範囲にマイルドなパワーのレーザーで均一に気になる肝斑の部分に照射することができ、メラノサイトを活性化させるほどの刺激を与えることはなく、蓄積したメラニンを少しずつ減少させることができます。

かさぶたなどができないためダウンタイムが一切なく、他の人に気づかれないように治療をすることができます。肝斑に最適なレーザートーニングですが、くすみ、ニキビ痕などの炎症した後に色素沈着した部分にも効果が期待できます。

大阪の美容皮膚科などクリニックで治療が可能なレーザートーニングは、従来のレーザー治療では難しかった肝斑の治療が可能です。

回数を重ねることで肝斑だけではなく、しみや色素沈着、くすみ、開いた毛穴などの治療が可能で、治療を続けることで肌にハリやキメ、潤いも戻る効果が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です